(C)小林靖

WOWOWがパラリンピックに懸ける思い

田中晃氏が代表取締役となって3年。WOWOWは今、パラアスリートの魅力を伝える試みにチャレンジをしている。その一つが国際パラリンピック委員会と共同で2016年から2020年にかけて5年にわたり制作する「 パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ『WHO I AM』」だ。

「日本の放送は、まだパラリンピック、障がい者スポーツの本質をまったく伝えることができていない」

プロ野球選手の大谷翔平選手が二刀流でメジャーリーグに挑戦する意味や難しさを伝えることはできても、左手と左足を欠いて時速100キロを超えるスピードのスキーダウンヒルに挑むステファニー・ジャレン選手の勇気や、その困難さを伝えることはできていないという。

「ソチパラリンピックに出場した選手の中には、ステファニー・ジャレン選手が滑る姿を見ただけで感動して泣き出してしまう人がいました。しかし、その偉大さが我々にはわからない。片足と片腕がない状態でスキーを履いて滑ることの勇気と技術的な難しさ。それをTVで伝えることにチャレンジしたい」

(C)小林靖

障がい者スポーツの本質は「多様性を受け入れること」と「フェア(平等)であること」にある。

「2020年に行われる東京パラリンピックの放送を見た人たちが、いろいろな人が共生する社会を自然と受け入れて、フェアネスを大切にするようになる。それが日本のスポーツ界や社会の最も大切な価値観になり、未来を担う子どもたちが日本を『いい国だね』と愛してくれるようになるためにも、このチャレンジは必要だと思っています」

未来の礎となるような可能性を、田中氏はパラリンピックの本質を放送していくことにあると見ている。

そのスポーツの価値や本質をしっかり理解し、それに基づいたフィロソフィーを中継チームで徹底して、細部にわたり具現化して伝えること。これは、田中氏が長年にわたり貫いてきた放送哲学だ。そして、それを追求するために「スポーツを愛すること」を見失ってはいけないと田中氏は言う。

「スポーツを愛すること、理解すること、選手をリスペクトすること。これを見失ったらそのビジネスは成功しません。すぐに結果が出なかったり、長い目で見ることが必要になることもあります。だからこそ有料放送はその特性上、地上波よりも長い目でスポーツを育てることができます」

有料放送がスポーツ中継でやれることはまだまだある。スポーツの価値や本質を突き詰めて考えてきた田中氏は、だれよりも「スポーツを愛すること」の重要性を感じている。

(C)小林靖

[PROFILE]
田中晃
株式会社WOWOW代表取締役社長
1954年生まれ、長野県出身。1979年日本テレビ入社。巨人戦や箱根駅伝などスポーツ中継に関わり、編成部長などを歴任。2005年スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現・スカパーJSAT)へ。Jリーグ全試合中継などを実現に導いた。2015年6月よりWOWOW代表取締役社長に就任。

パラリンピックはどう観ればいい?『無関心から自分ごとへ』東京2020まであと2年

平昌オリンピックが閉幕し、3月9日からは平昌パラリンピックが開幕。日本にとって今大会は、東京2020前に開催される最後のパラリンピックでもあります。パラリンピックを主催する国際パラリンピック委員会(IPC)は、パラアスリートが不可能を可能にしていく様を通じて、社会変革を促していくことを目的に据えています。パラリンピックを通じて、私たちが学ぶものとはいったい何なのか――。障がい者スポーツの教育活動やメディアの立場で活動を続けている3名の言葉とともに考えたいと思います。(取材・文=吉田直人)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

不十分なパラリンピック報道に思う 障がい者スポーツが社会にもたらす「価値観」

3月13日、車いすバスケットボールなど障がい者スポーツの4つの大会の優勝者や優勝チームに、天皇杯、皇后杯が贈られることが発表されました。平昌パラリンピックが閉幕し、東京2020パラリンピックが2年後に控えていますが、早くから障がい者スポーツの普及と発展に心を寄せられてきた両陛下の思いが実現した格好です。注目を集める障がい者スポーツについて考えます。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ブラインドサッカーには、我々が忘れかけていたサッカーの魅力に満ちている

パラリンピックの種目でもあるブラインドサッカー。その国際大会が、国内で開催された。IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2018。日本の他、世界各地から強豪5か国を集めて行われた大会は、障がい者スポーツとしては異例の有料で行われたが、それに値する多くの見どころがあった。2020東京パラリンピックでのメダル獲得とブラインドサッカーのアジア及び世界への普及を目的に開催された大会を、様々な角度から振り返る。(文=井上俊樹)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

新時代の「スポーツビジネス」とは? 池田純が語るこれからの“求められる人材”

「2020年の先を見据えた、スポーツの未来を考える」をコンセプトに、スポーツをビジネスとして考え、実行に移せる人材を輩出していく学びの場『Number Sports Business College』。豪華講師陣がスポーツビジネスの最前線を徹底的に語った第1期終了を記念して、新書『最強のスポーツビジネス Number Sports Business College講義録』が発売される。発売を前にNumber Sports Business College発起人の池田純氏にこの1年間を振り返っていただくとともに、未来のスポーツビジネスについて話を伺った。(インタビュー・文=新川諒)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

東京五輪が目指すべきは『若者によって創られる無形のレガシー』(NSBCレポート/間野義之)

「2020年の先を見据えた、スポーツの未来を考える」をコンセプトに、スポーツをビジネスとして考え、実行に移せる人材を輩出していく学びの場『Number Sports Business College』。第24回となる講義でゲストに迎えられたのは、早稲田大学スポーツ科学学術院教授、そして東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に参与している間野義之氏だ。11年間の民間での仕事を経て、「スポーツで日本を良くしたい」という思いからスポーツ政策でレガシー創造に励む。(取材・文:新川諒 写真:荒川祐史)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

日本バドミントン界の「進化」とは? 協会専務理事の語る育成強化とインテグリティ(NSBCレポート/銭谷欽治)

「2020年の先を見据えた、スポーツの未来を考える」をコンセプトに、スポーツをビジネスとして考え、実行に移せる人材を輩出していく学びの場『Number Sports Business College』。今回ゲストに迎えられたのは、日本バドミントン協会専務理事、銭谷欽治氏だ。1996年から三洋電機女子チームを全日本実業団バドミントン選手権大会4連覇に導いた名監督としても知られている。銭谷氏が描くバドミントンの未来とは――?(取材・文:出川啓太 写真:小林靖)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

新日本プロレスが突き進む“映像ビジネス” その戦略とは?(木谷高明/第23回NSBCレポート)

「2020年の先を見据えた、スポーツの未来を考える」をコンセプトに、スポーツをビジネスとして考え、実行に移せる人材を輩出していく学びの場『Number Sports Business College』。第23回となる講義でゲストに迎えられたのは、株式会社ブシロード取締役・新日本プロレスオーナーの木谷高明氏だ。 スポンサーとしてではなく、投資、そしてマネジメントをしていくために新日本プロレスを子会社にした木谷氏は自らを、キャラクターコンテンツをつくり出す人間だと語る。デジタル展開からグローバルへ広げる“映像ビジネス”マインドを持って新たなスポーツビジネスの形を切り開いていく。(取材・文:新川諒 写真:小林靖)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部